PSゲーム情報@オリジン

Menu
HOME > モバイル系 > セガ「スマホゲーの開発費が20億円規模になってきてやばい、投資できない企業も出てきている」

リンク

カテゴリ

プロフィール

ゆりたん

Author:ゆりたん
FC2ブログへようこそ!

最新コメント

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スマホゲー 開発費 高騰に関連した画像-01
スマートフォンアプリ業界に身を置く方々に話を伺い、2015年の市場動向と2016年のトレンドを読み解く特別企画。今回は、セガゲームス 上席執行役員 セガネットワークス カンパニーCOOの岩城農氏にインタビューを実施。

――:2015年のゲームアプリ市場にはどのような印象を持っていますか。

市場は成熟してきていると感じています。既存タイトルのダウンロード数は伸びていないですし、新しいタイトルが割って入ってくるのも益々難しい状況であると思います。我々は、新しいタイトルを次々と送り出せているほうだと思うのですが、単純にマーケットが混んでいると一言では片付けられない市場となっています。

もうひとつ顕著なのが、開発費の高騰です。初期開発の費用だけではなくマーケティング費用、運営開発の費用、このあたりを足すと、国内だけで初年度15億円、テレビCMを打ったら20億円超えもありえると思います。また、投資できる企業と、そうでないところが鮮明に出てきています。

ただ、国内の市場だけで勝ち負けを語り続けていると、凄く危険だと思います。海外メーカーさんの日本での成功の仕方をみていると、資本の力を凄く感じます。

――:他社のタイトルを見ても、面白いゲームはたくさんあります。にも関わらずヒットせず、早々にサービス終了に至ってしまうケースが、この2015年は本当に多く見られましました。競争の激化はもちろんですが、そもそもユーザーのキャパシティが限界に来ているのではないかと思っています。

アプリストアの売上ランキングTOP100を見ていると、そう思いますよ。『モンスターストライク』や『パズル&ドラゴンズ』のように、凄く幅広く遊んでいただけるタイトルの数が増えているわけではなく、一定のパイの中でずっとシェアの取り合いをしています。そんな状況だと思います。
スポンサーサイト
次の記事 前の記事
ゲームクリエイター2016年の抱負その1! ガスト岡村D「アトリエ、今年も何かあるはず」 アトラス・橋野P「ペルソナ5を無事にリリースしたい」 『デレステ』運営にメールを送った後の神対応が話題に! 「クソみたいなスマホゲー運営のやつらに見せてやりたい!」
バナー
コメント
コメントの投稿
  • コメント
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:http://origin873.blog.fc2.com/tb.php/73-45380d9f
アクセスランキング ブログパーツ