FC2ブログ
byゆりたん
  • Comment:0
  • Trackback:0

オキュラス代表者「VRには環境が後からついてくる、ゲームがPC市場を加速させたのと同じ」

VR 環境に関連した画像-01
VRデバイスは大衆向けのテクノロジーと成り得るか、仮想現実が世界を覆い始める時代の到来

仮想現実の波がエンターテインメント業界に押し寄せ、ようやく一般向けに市場へ出たVRデバイスですが、はまだ決して安価な製品ではなく、ハイエンドPCを必要とするハードルの高さからも決して大衆向けとはいえません。

しかしOculus VRの創設者Palmer Luckey氏とDell XPSの統括マネージャーFrank Azor氏は、VR技術が時代の経過とともに確実に大衆へ普及していくことに自信をみせています。

Luckey氏
「VRの問題の多くは目に見えており、その多くは解決策がすでに判明しています。あとは設計して、組み立てて、そして消費者へ届けるだけ、そうすればより多くのPCがVRに最適化されるだろうし、VR対応のPCをさらに求めやすく、ハイパワーなPCが安価で手に入るようになる、これはGPU市場をゲーム業界のハイエンドグラフィックが後押加速させたのと同じでPCにおけるVRも同様でしょう」
とコメントしており、VRには環境が後から着いてくることをさしています。

VRデバイスの応用はゲーム体験に限ったことではない。医療や教育の現場といった、ゲーム業界とは無縁に等しいさまざまな領域での活用が模索されており、中でも、Lucky氏は教育分野での応用に強い関心を抱いており「VRは文章や写真、動画よりも、概念やアイデアを直接的に伝えられるポテンシャルを秘めていることから、一部の人間にしか触れられない体験を万人に提供することに長けています」と説明しています。





・ワイルドアームズ ザ フィフスヴァンガード / WA5 (PS2、2006年12月14日)

スポンサーサイト



Comments 0

There are no comments yet.